フィギュアを高額で買い取ってもらうには直射日光を避けよう

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/08

アニメやゲームのキャラクターを題材にしたフィギュアが広く普及したことにより、中古市場でも需要が増えています。

しかし日光の影響で品質が低下し、買取価格が下がるケースも少なくありません。

不要になった際に損をしないよう、日光がフィギュアにもたらす影響と正しい扱い方を学びましょう。

 

日光でフィギュアが傷んでしまう理由

フィギュアの劣化の中で特に多いのが、日光が原因による色落ちや表面のひび割れです。お気に入りの一品は目立つ所に飾っておきたいのが人情ですが、遮蔽物がない場所に長く置くのは日光に晒されるリスクが増大するので良い選択とは言えません。

フィギュアの殆どはプラスチック樹脂で作られていますが、日光に含まれる紫外線に触れると著しく劣化する欠点があります。室内の照明やテレビモニターからも紫外線は放出されていますが、その中でも日光の紫外線はずば抜けて量が多く、粗悪なプラスチック樹脂なら短期間で変色やひび割れに見舞われてもおかしくありません。

また、塗料に含まれる色素の多くも紫外線に触れると分解する性質があります。俗に日焼けと称される状態になり、一部の色を除いて殆どが消えてしまうので取り扱いには注意が必要です。色落ちした部分は再度塗り直しても綺麗な色合いにはなりません。

また、劣化したプラスチック樹脂は修復が非常に困難です。樹脂全体の弾力性が低下して固く、脆くなっているので粘り気のある塗料でコーティングしてもわずかな衝撃で形が崩れる恐れがあります。日焼けしたフィギュアの買取価格が大きく下落するのは見栄えが悪くなるだけではなく、耐久性が低下して商品価値がなくなるのも大きな理由です。

 

お気に入りの一品を傷めないための工夫

大好きなフィギュアは目立つ所に飾りたいのが人情ですが、同時に日光に晒されて劣化するリスクを抱えることにもなります。どんなにお気に入りの一品でもいずれ飽きるときが来ますが、不要になった物を処分する際に状態が悪いと買取価格が非常に低くなってしまうのが問題です。

要らないフィギュアを高く買ってもらうには日頃から太陽光が直に当たらないよう、工夫することが重要になります。日光を避けるには遮光カーテンなどの遮蔽物を置くのが最も効果的です。簡単に置くことができるのが大きなメリットですが、室内に入り込んだ日光は壁や床に反射することから、日中は完全に遮断するのは困難になります。

厚手の板のように完全に日光を通さない物で窓を塞げば照り返しによる劣化を防ぐことができますが、その反面、日中でも常に締め切った室内に置く形になってしまいます。プラスチック樹脂は紫外線だけではなく、極端な高温や湿気にも弱い欠点があるので、室内環境を調節する手立てがない場合は完全に部屋を閉め切るのも得策ではありません。

飾る際は遮光性が高い専用のケースに入れると共に、日差しが直撃しないように置き場所を工夫することを心がけます。プラスチック樹脂に馴染む模型用の塗料は湿気に弱いのでケース内には乾燥材を入れて湿度が上がるのを防ぐなど、細かい対処も必要になります。

 

厄介な日差しを避けるには扱い方を工夫する

フィギュアが不要になった際に買取価格が下がってしまうのを防ぐため、室内での飾り方にも工夫を凝らすことが大切です。日差しに含まれる紫外線がプラスチック樹脂を大きく劣化させる原因であることから、市販の陳列棚を使うなど剥き出しになる置き方は避けるのが賢明です。

住宅にある押し入れなど、遮蔽物になる戸が付いている収納スペースを陳列棚の代わりに使えば厄介な日差しを効果的に防ぐことが可能になります。観賞するときだけ戸を開放すれば、紫外線でお気に入りの一品が劣化する心配がありません。年数が経過しても色落ちやひび割れなどの傷みが殆ど起きない、新品に近い状態を保つことができます。状態が良いので買取価格が大きく下落せず、不要品を高く売って得をすることが可能です。

細いアンテナや着脱できるパーツなどの細かい部品は経年劣化によって紛失しやすい傾向がありますが、これは紫外線による劣化で樹脂の弾力性がなくなり、わずかな刺激で破損するためです。丁寧に扱っていながら気づかないうちに一部が欠損してしまうのは陳列品にありがちな不具合ですが、紫外線に晒されない環境であれば劣化も軽減するので大きな破損に見舞われるおそれは殆どありません。また、見た目を著しく損なう色落ちも生じないので、年月が経過した古い製品でも新品に近い艶やかな状態に保つことができます。

買取価格を高く査定してもらうにはフィギュア本体だけではなく外箱の状態も良好でなければいけません。外箱に多く使われるボール紙はプラスチック樹脂以上に紫外線の影響を受けやすいことから、風通しが良く湿気が少ない暗所に置くのが良い方法になります。ボール紙は害虫の食害にも注意する必要があるので防虫剤を置くのが効果的ですが、特有の臭気がうつってしまう可能性もあるので置き場所には十分に注意するのが状態を損なわないための心得です。

 

お気に入りの一品でも年月が経過すれば飽きてしまうので、その際は中古屋に売るのが良い選択です。買取価格を高く査定してもらうには日焼けによる劣化がないことが重要な条件になるので、室内で飾る際は効果的な日除け対策を講じることが大切です。置き場所や室内での遮蔽物の使い方を工夫して劣化を防ぐことを心がけます。付属品である外箱の状態も買取価格を大きく左右するので、フィギュア以上に慎重な扱いを厳守することが重要です。

サイト内検索
フィギュア買取関連コラム