フィギュア買取は査定結果を聞いてからキャンセル可能?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/05/27

フィギュアを査定してもらおうと考えた場合、査定後にキャンセルしても大丈夫か悩んでいる場合もあるはずです。

こちらでは、キャンセルしてもまったく問題のないことの説明と、できる限りキャンセルをしないためのコツを紹介します。

 

キャンセルしてもまったく問題はない

フィギュアを売りたいと考えたときは、買取に対応するお店のカウンターを訪れて、スタッフに査定をしてもらうことになります。多くの場合はしばらく待ったあとに呼ばれて、査定額を教えてもらうことになるでしょう。

提示された金額に納得できたのなら、契約をしてフィギュアを売却します。しかし、金額に納得できない場合や他の業者でも査定してもらいたい場合はフィギュアを返してもらう必要があります。

もしかすると、業者のスタッフに査定という手間をかけさせたので、金額を聞いたのなら絶対に売らなければいけないと考えているかもしれません。しかし、何十体も査定してもらうような手間をかけさせたとしても、売却をキャンセルしてしまっても、何ら問題ありません。キャンセル料も請求されないので、持ち帰ることを伝えて預けたものを返してもらいましょう。

なお、いろいろな業者の査定額を比較して、一度断ったところに『やはり買取ってもらいたい』と考えることもあるはずです。もちろんそれも可能なので、高値の査定額をつけてくれた業者に再び持ち込むとよいです。たくさんの利用客がいる業者ならば、査定をキャンセルした事実を覚えていない可能性が高いので、無駄に恥ずかしがることはありません。

ちなみに査定をしてもらうときは、売りたいものを渡すだけで十分でしたが、買取をしてもらうときはそれだけでは不十分です。契約のための書類を書くときに、身分証明書の提示を求められるので、絶対に持っていくようにしましょう。忘れた場合、強制的に査定がキャンセルされて、一度自宅に帰って用意をしてから再び業者に向かわなければなりません。

 

宅配買取の場合はキャンセルすると送料がかかることも

店頭でのやり取りの場合は、査定の結果が気に入らなかった場合は、預けたものを受け取って自宅に持ち帰ればよいだけです。しかし、宅配買取でのやり取りの場合は、配送という手間がありますので、そう簡単にはいきません。

業者によっては、送るときの料金は完全に無料だったとしても、査定をキャンセルして送り返すときの送料が発生するところがあります。そのため売るかどうか決めかねているのなら、返却のときの送料も無料に設定されている業者にお願いしましょう。

宅配買取の利用の流れを確かめれば、返却のときの送料も記載されているケースがほとんどなので、簡単に送料問題を解決できます。注意書きとして小さな文字で書かれているケースもあるので、しっかりと目を通すようにしましょう。

もしも、返却のときの送料がどうなるか分からなかったのなら、業者に聞いてハッキリとさせたうえで送るべきです。お金の問題は面倒なトラブルを招くことになるので、しっかりと確認しましょう。

 

宅配を利用したいならキャンセルしない工夫をしよう

宅配買取を考えているのなら、できる限り査定をキャンセルしない工夫をしたほうがよいです。たとえ完全に無料で帰ってくるとしても、時間がかかるのでフィギュアを売却するのが遅れてしまいます。

もしかすると、そのタイムラグのせいでフィギュアの査定額が値下がりしてしまうかもしれません。そのためキャンセルをしない工夫として、まずは業者の評判について調べることをおすすめします。

利用者からの評判がよいところならば、査定額が高い場合が多いのでキャンセルする確率を低くできるからです。また、送らずに金額を教えてもらえる簡易査定が用意されている業者を活用するのもよいでしょう。

フィギュアの写真を撮って送れば、だいたいの金額を教えてくれるサービスがあるので、さらにキャンセルする確率を下げられます。現在ではスマホのアプリケーションを使った簡易査定もあるため、業者の公式サイトを訪れて、何かしらの手段が用意されていないか確かめてみましょう。

もちろん簡易査定なので、本査定では査定額が下がる可能性はあります。簡易査定と本査定の差を少なくしたいのなら、キズや汚れなどは隠さずに写真に撮って送るようにしましょう。

 

業者との買取契約が成立するのは、契約書にサインをしたときなので、それ以外ならば問題なくキャンセルすることが可能です。たとえ、査定中だとしても都合が悪くなったのなら、そのことをスタッフに伝えれば、すぐにフィギュアを返してもらえます。

なお、契約が成立したのならば、あとはどのようなことをやっても、売ったものを返してもらうことはできません。そのため、売却を考えるのなら、本当に手放しても後悔しないか考えてから、業者に査定を依頼するようにしましょう。

手放したら、二度と手に入らないフィギュアもあるので慎重に考えるべきです。

サイト内検索
フィギュア買取関連コラム