箱がなくてブリスターしかなくてもフィギュアの買取はできる?

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/02/18

フィギュアを高く買い取ってもらうためには、できるだけ買った時の状態に近くしておくことが重要です。

つまり、箱、説明書、付属パーツなどは全てある状態にし、さらに日焼けや変色、傷や破損、汚れなどがない状態です。

また気をつけておきたいのが臭いで、特に自分の身の回りにある臭いには気付きにくく、査定時に指摘されてようやく気付くということも珍しくありません。

ただ、条件が整っていれば高額買取とはなりますが、何か足りない場合や破損していたとしても、買取対象になる場合があることを知っておきましょう。

 

買取のとき箱はあった方がより良い

フィギュアは飾った後に箱をどうするか困ってしまうという人もいるでしょう。

場所を取るのでもう要らないから捨ててしまおうという人もいるはずです。

もちろんそこで捨てるかどうかは本人次第ですが、その後の買取を考えるなら捨てない方が良いといえます。

フィギュアは購入した時の状態に近ければ近いほど高く買い取ってもらいやすくなります。

つまり、箱がないというのはコレクションの価値自体が下がり、何より箱がないとその本体のコンディションを維持しづらい状態にもなりかねません。

だから、査定を受ける際は箱がなければ本来の査定額の半額以下となってしまうことも珍しくない状態です。

とはいえ、買い取りが絶対に無理というわけではなく、その対応はお店によって違うと言って良いでしょう。

だから買い取ってくれるところもあれば、買い取りを拒否されてしまうところもあるというのが実際のところです。

 

ブリスターも捨てずに残しておこう

フィギュアというと、箱が大切だと言われることは少なくありませんが、実は箱と同じくらいに大切なものがあります。

それがブリスターです。

これは箱の中に入っているアクリルで、本体だけでなくその他のパーツを箱の中で動かないようにするために使われているものです。

安全に輸送し本体やパーツに傷をつけないために利用されているのですが、実は保管をする上でも重要なものになってきます。

フィギュアのデザインによっては髪の毛の先が非常に細くなっていたりすることもありますが、その場合、外に出しておくと何かが当たって折れてしまったりしかねません。

その点ブリスターに入れておけば綺麗な状態を維持することができます。

だから、売却を考えているのであれば、必ず箱だけでなくブリスターも残しておくと良いでしょう。

そうすればより購入した時の状態に近づけることができるので、高額買取が期待しやすくなります。

 

ブリスターだけあれば良いというわけではない

フィギュアの売却の際、色々なパーツ、付属品などが揃っていれば揃っているほど高く評価されます。

また美品の方がもちろん高く評価されることになるので、傷が付かないようにブリスターに入れて保存するというのも良いでしょう。

その方がパーツがバラバラになってしまうこともなく、傷などからもある程度本体やパーツを守ることができるからです。

ただ、ブリスターだけがあれば箱がなくても問題がないかと言ったら決してそうではありません。

たしかにその中に入れておけば傷がついてしまったりすることもないので、かなり綺麗な状態を保つことも十分可能です。

また宅配買取を依頼する時も、箱の中でパーツが動いてしまったり何かが当たって傷がついてしまうということもありません。

だからブリスターはなくてはならないものと言って良いでしょう。

しかし箱自体は傷がつかなくするためというだけでなく、実際にはその本体が一体どこのメーカーから発売されているものなのかを証明するものともいえます。

フィギュアはどんなキャラクターかということだけでなく、発売しているメーカーによっても査定額が大幅に変わるからです。

しかし箱がなければどこのメーカーなのか簡単に判断できません。

そのため、美品で残すという目的だけでなくメーカーを識別するためにも、箱は必要だということを理解しておきましょう。

ただ箱がなくブリスターだけでは買い取ってもらえないというわけではありません。

そのお店によっても扱いが違っているからです。

だから買い取ってくれるところもあれば、買取不可となるところもあると理解しておきましょう。

 

フィギュアはできるだけ買った時の状態にしておくことが高額買取を行う上でのポイントです。

なので、箱や説明書などは必要です。

また箱の中で本体が動かないようにしたりするために利用しているブリスターも残しておくとより良いでしょう。

これはその本体専用の保管アイテムになるからです。

この中に入れておけば細かなところが破損してしまうことも減り、さらにパーツを紛失してしまうこともなくなります。

とはいえ、箱がなくてブリスターだけあれば買い取ってもらうことは可能ですが、やはり箱があるかどうかで査定額は大幅に変わってきます。

箱はそれを収納するためのものだけでなく、その本体が一体どこのメーカーから販売されているかを明らかにすることもできるからです。

ただ箱なし、ブリスターだけという状態でも買い取ってもらえないわけではありません。

実際には業者によって扱いが大きく違っているので、買取可能と判断するところも実際に存在しています。

サイト内検索
フィギュア買取関連コラム