フィギュア買取で利用できる「本人確認書類」の種類とは

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/26



いらなくなったフィギュアがあれば、買取サービスを使用すると現金化することができる場合があります。来店・出張・宅配いずれかの方法を利用することができますが、本人確認書類の提出が求められるので注意が必要です。

フィギュアを売却したい場合には、事前にお店のホームページを確認して必要な書類を用意しておくようにしましょう。

本人確認書類の提出が求められる理由とは

不要になった物品を買い取ってもらう場合、品物が本物であれば誰が取引をしても関係ないと思われるかもしれません。たしかに、買い取るお店にとっては取引される品物が本物で価値があれば、持ち込んだ人が誰であろうと問題はありません。

買取サービスを利用した人が誰なのかを特定することが求められる理由は、古物営業法15条という法律によって義務付けられているからです。この法律では買い取りサービスを利用した人を確認することや、取引の記録を保管することが求められます。

買取専門店に持ち込まれて売買される中古品の中には、盗まれた品物がある可能性もあります。品物をお店に持ち込んで売却をしたのが誰なのかという記録が残されていれば、もしも盗難事件が発生して盗まれた物品が発見された際に犯人を特定することができるようになります。もしも盗品の現金化が行われたことが発覚した場合には、お店は直ちに警察に報告をする「申告義務」を負っています。

ちなみに古物営業法15条は玩具の専門店だけではなく、金券ショップや家具・家電・貴金属などのリサイクル店にも適用されます。もしもこの法律に違反すると、お店は営業停止や営業許可が取り消されてしまいます。ちなみに古物営業法15条には刑事罰も定められていて、違反すると6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科されてしまう恐れがあります。

フィギュア買取の際に提出する本人確認書類の種類とは

不要になったフィギュアを専門店に持ち込むか宅配・出張サービスを利用する場合には、本人確認書類を提示またはコピーを提出する必要があります。古物営業法15条では、取引の際に相手の住所・氏名・職業・年齢の4項目を確認することが求められています。フィギュアを売る場合には、これらの情報を確認することができる本人確認書類を用意する必要があります。

名前・住所・年齢(生年月日)を確認することができる書類には、運転免許証・健康保険証・住基カード・パスポートなどがあります。ただしパスポートには住所が印字されていないので、健康保険証なども一緒に提示することが求められます。住基カード(マイナンバーカード)は、写真付きのプラスチックカードです。

お店によっては運転免許証やパスポートなどの確認書類のほかに、名前・生年月日・住所が印字された国家資格の免許・免状などでも提出することができる場合があります。例えば、労働局が発行する「衛生管理者」「X線作業主任者」などの免許証にも生年月日や住所が印字されていることから本人確認書類として提出することができます。

大学や専門学校の学生証や民間企業が発行する社員証では、本人確認書類として認めてもらえないので注意が必要です。ちなみに民間企業や団体が認定する各種の資格・検定の認定証なども、本人確認書類として認めてもらえません。社会保険の健康保険証以外は、公的な機関が発行した書類である必要があります。

お店に提出する本人確認書類の入手方法とは

フィギュアを専門店で買い取ってもらう場合には、本人確認書類を用意しておく必要があります。宅配サービスを利用する場合は、本人名義の銀行口座も必要です。成人であればすべての方が自分名義の口座を開設していますし、ほとんどの方が自動車の運転免許証を取得しているので問題はないでしょう。

運転免許証を取得していない方や未成年者(学生)が買い取りサービスを利用する場合には、新たに運転免許証を取得するか別の書類を用意する必要があります。頻繁に買取店を利用する方であれば、免許センターに出向いて筆記試験に合格して原付の運転免許を取得することができるでしょう。

お金をかけたくない方や何らかの事情で運転免許の取得ができない方であれば、居住地の市役所または区役所で写真付きのマイナンバーカードの交付を申請することができます。自分の顔写真を用意する必要がありますが、初回のみ手数料無料でマイナンバーカードを発行してもらえます。

パスポートも本人確認書類に利用できますが、発行手数料が1万5千円(10年間有効)とかなり高額です。そのためパスポートは、海外旅行の予定がない方にはあまりおすすめできません。

フィギュアを売却する際に店舗に品物を持ち込む場合は、本人確認証を提示するだけで構いません。宅配買取サービスを利用する場合は、提出すべき書類のコピーを一緒に送付するようにしましょう。

専門店で中古のフィギュアを買い取ってもらう場合には、必ず本人確認書類を提示またはコピーを提出する必要があります。未成年者でも買取サービスを利用することができますが、本人確認書類の提出は必須です。

買取専門店に提示するための本人確認書類として、マイナンバーカードを交付してもらうか運転免許を取得しておくと良いでしょう。

サイト内検索
フィギュア買取関連コラム