ソフビのフィギュアの保管方法

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/07/21

ソフビというのはソフトビニールの略です。フィギュアの中にはソフトビニールを使用したものもあります。コレクションをしている人にとって重要なのがソフビの保管方法でしょう。どのような保管方法が良いのか知っておくと適切な管理ができます。

カビと癒着に注意をしないといけない

ソフトビニール製の人形は一部のパーツに塩ビなどが使われている場合があります。そのような商品は癒着に注意をしないといけません。癒着というのはパーツ自体がくっついてしまい可動部分が動かなくなってしまう現象です。そうなるとソフビフィギュアの腕や足などが動作しなくなるので注意が必要でしょう。

上記のような現象をホビー用語で関着と呼んでいます。別のパーツ同士で癒着が起きている場合は、一部ゴム系の素材が使われている可能性があります。癒着が起こりそうな部分に関しては紙で包むなどして保管をしましょう。ただしソフトビニールだけを使用している商品だと癒着は起こらないので安心です。

また注意しておきたいのがカビの存在です。ソフトビニールはカビが生えないと考えている人も多いでしょう。基本的にソフトビニールでもカビは生えるので注意しないといけません。例えば自宅の洗濯機やエアコンは樹脂系のパーツが使われています。そのような商品にもカビは生えてしまいます。主にススカビというものが生えてくるのでしっかりケアをおこなわないとだめです。

ただしススカビは高湿度な環境でないと発生しないものです。例えばお風呂やプールなどでソフトビニールフィギュアを使用して、そのまま放置しているとカビが生えてきます。水で濡れるのは危険なのでしっかり乾燥をさせてから保管をするのがおすすめです。水分が残っている状態で保管しないようにします。

変形や変色についても注意をしよう

ソフトビニールのフィギュアは適当にしまっておいたり、本体の上にものをおいた状態で保存をしておくと変形する可能性があるので注意が必要です。基本的に変形をしてしまっても、湯せんやドライヤーを利用すれば元に戻せる可能性があるので安心です。

注意点としてフィギュアの上にものをおいておくと、極端に曲がってしまったものやヒビが入ってしまうので気をつけないといけません。内部が空洞になっているものだと変形しても元に戻せますが、中が詰まっているものは注意が必要です。

細い角などのパーツがあるものだと割れてしまう危険性があるので注意して保管をする必要があります。なるべく人形の上にはものを置かないようにして保存をするのがおすすめです。

ちなみに保存をする場所にLEDなどを設置するのはやめておきましょう。こだわりのあるディスプレイをしたいために、ショールームのようなLEDを取り付けたいという人もいます。基本的にLEDは光の中でも特に強い紫外線が発生するので気をつけるべきです。

強い紫外線を浴びてしまうと化合物の結合が破壊されてしまい変色してしまいます。なるべく太陽光や蛍光灯などに光を当てないようにして保管するのがおすすめです。LEDは蛍光灯よりも紫外線の量が少ないのですが、ゼロではないのでなるべく使わないようにします。

可塑剤対策をしっかりおこなっておこう

可塑剤とはあまり聞き慣れない言葉です。ソフビの中には可塑剤が含まれています。可塑剤が抜け出してしまうと本体が細く痩せたり重量が軽くなってしまうので注意しておきましょう。

また可塑剤が抜けていくと本体が固くなってしまい、最終的にひび割れがいってしまいます。そうならないためにも保護艶出し剤を使用してメンテナンスをおこないましょう。保護艶出し剤は年間に1回から2回程度ソフトビニールに塗布をします。すると数十年は状態を保つことができるようになるのでおすすめです。

ちなみに保護艶出し剤はホームセンターなどに行くと購入できます。保護艶出し剤はプラモデルや樹脂系のものにも利用できるので、使い回しが可能です。保護艶出し剤を使うときは最初にフィギュアをきれいにしておきます。

次に保護艶出し剤を使って最後に乾いた布を利用してきれいに拭きましょう。自宅で気軽にできるメンテナンスなので定期的におこなうのがおすすめです。ソフトビニールフィギュアの中には高額なプレミア商品もあります。そのような商品を長期間保管するには艶出し剤はうってつけです。

 

ソフトビニールで作られたフィギュアを保管しておくには癒着に注意しないといけません。そのため塩ビが使われている場所には紙などを巻いて癒着しないように保存をしておくと安心です。

また水などが付着するとカビの原因になるのできれいに拭き取っておきましょう。本体の上にものを置くと変形してしまう恐れがあります。特に内部が詰まっているものは壊れやすいです。

そして、LEDなどに当てていると変色をしてしまいます。なるべく光が当たらない場所に保管をしておくのが大事です。可塑剤についても注意をしないといけません。例えばソフビの中の可塑剤が抜け出てしまうと本体が痩せて固くなってしまいます。そのため保護艶出し剤を定期的に使用してきれいな状態を保ちましょう。

サイト内検索
フィギュア買取関連コラム