フィギュア買取で評判の業者をランキング形式で紹介!

ねんどろいどってどんなフィギュア?

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/05/25

おもちゃ屋に行くと多くのフィギュアが販売されています。中でも人気があるのがねんどろいどという商品です。ねんどろいどとはアニメやゲームのキャラクターのフィギュアです。ここでは商品について詳しく紹介します。

ねんどろいどの基本情報を知っておこう

ねんどろいどとは「原型師集団ねんどろん」というところが、制作をおこなっているフィギュアです。2006年に初めてフィギュアに大型イベントにてお披露目しました。造形の丁寧さや小道具の多さなどが受けて一躍人気のフィギュアとして知られます。2010年には商品ラインナップが100種類を超えて販売数も100万個以上になった商品です。

このフィギュアは一部の商品を除くとパーツが稼働します。自分で好きなポーズを決めることができるもので、付属するパーツと組み合わせてさまざまなシーンを作ることが可能です。

またねんどろいどは同シリーズのパーツを取り替えることもできます。例えば脚を別のキャラクターのものに変更したりすることができるので、オリジナルのフィギュアを簡単に作れます。集めれば集めるほど表現の幅が広がる商品です。本製品は頭身の低い状態にディフォルメしているもので大きさは10cm程度です。

一部の商品は関連会社が販売しているフィギュアのシリーズとパーツ取替もできます。設計はオープンアーキテクチャーなので、ユーザーが自由にフィギュアをアレンジできるように作られているのが魅力です。ちなみにねんどろいどはナンバー300からフィギュアの規格が変更されています。パーツを根本的に見直し再構築されました。

いくつもの種類が販売されている

市販されているねんどろいどは一種類ではなく派生作品などもいくつかあります。例えば「ねんどろいどぷち」という商品があるのですが、これは通常の商品を小さくしたものです。10cmから65mmに変更されていて手のひらサイズになりました。小さな商品ですがメインライン同様にパーツや台座などが付属します。販売価格は1000円以下とメインラインよりも安価な金額で購入できるのが魅力です。

「ねんどろいどもあ」は着せかえ衣装やパーツだけでなく、専用の吸盤などを販売しているラインです。メインラインのねんどろいどと合わせて利用できる商品で、自由にカスタムしてオリジナルフィギュアを作れます。もっとねんどろいどを楽しみたいというときに活用できるでしょう。例えばボディパーツだけのものやヘッドパーツだけなど内容が違うので注意が必要です。

ねんどろいどにはオリジナルグッズの「ぷらす」というラインも用意されています。ストラップやぬいぐるみなどを販売しているラインです。

好きなアイテムを選択してオリジナルコーディネートを楽しみたいときは「ねんどろいどこーで」という商品を購入しましょう。こちらは新しいプレイスタイルとして用意されています。メインラインのディフォルメ感はそのままにして、4つの部位で構成された商品です。ポーズ自体は固定されているので変更はできません。

ただし自由にパーツを組み替えて遊ぶことができるのが強みです。同シリーズの商品は衣装交換をすることができます。そのためフィギュアを集めれば集めるほどコーディネートの幅が広がるシステムです。ちなみにねんどろいどシリーズの頭部と交換をすることができます。表情を変更できてバリエーションの豊かなカスタマイズをおこなえます。

「ねんどろいどどーる」は頭部のサイズはそのままにして体のサイズのみ変更をしています。通常の商品とは異なり布製の洋服をきせかえできるのがメリットです。稼働する部分も多く好きなポーズを付けて遊べます。既存のねんどろいどと頭部パーツを交換して遊ぶことも可能なので、今まで購入した商品を使い回せるのが強みです。洋服は単品での販売もおこなっています。きせかえ人形のような感覚でねんどろいどを楽しみたいときに活用してみましょう。

ねんどろいどは買取店でも売ることができる

数多くの商品が販売され続けているねんどろいどはおもちゃの買取ショップで売却をすることもできます。人気商品だけにそれなりの金額で取引できるので売却してみましょう。ちなみにねんどろいど商品にもよりますが1000円以上の買取価格で売却できるものがほとんどです。特に食卓セットなどの拡張セットは高値で取引されています。ねんどろいどを売るときには完品状態で売却をしましょう。パーツの欠損などがないものほど高額で売ることが可能です。

 

2006年から始めて10年以上の年月が経過したねんどろいどは非常に多くの商品が販売されています。派生作品の数も多くねんどろいどワールドは常に広がっています。基本的に汎用性の高いパーツで構成された商品だけにシリーズの垣根を超えて楽しむことが可能です。例えば別シリーズに他のねんどろいどパーツを取り付けることも可能なので、遊びの幅も広がるでしょう。イベントなども定期的におこなっていて、どんどん盛り上がりを見せています。

サイト内検索
フィギュア買取関連コラム