フィギュアとソフビの違いとは?買取額に差はある?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/17

新しい商品を購入するための資金にするために、古いフィギュア等を買取してもらう人も増えてきています。基本的にソフビなどのファンの人は、やはり新しい商品の軍資金として買取をおこなってもらうことが多いです。そして、フィギュアとソフビは構造上の違いがありますが、大きなポイントは中身が空洞かどうかという点にあります。

状態が良いほうが何かと高額で取引されることが多い

ネットを見たり、お店に直接出向くだけでも最近とても素晴らしい造形物やソフビが多く販売されています。インターネットが普及したため、だれでも気軽に簡単に検索して自分の好きな商品を探すことが可能ですが、若い男女が注目するソフトビニール製のソフビとフィギュアは大きな違いがあります。

大まかな違いは中身が空洞でできているか否かによりますが、素材が何でできているかという点も大切なポイントです。ソフビの特徴は、全体的に適度な柔らかさがある点ですが、重さもとても軽いことが多いです。

また、硬さにも違いがありますが、フィギュアは固いプラスチックでできている場合が多く、ソフビは柔らかいビニールのようなものでできていることがほとんどです。ソフトビニールの人形の関節は動く場合が多く、肩の部分と足の付け根の部分のみ動く場合が多いですが、首が動くこともあります。

ソフビはソフトビニールでできているため、製作時も大きな金型を作成してからビニールを流し込むという作業をする場合が多いです。価格設定はとても格安なものから高額なものまでいろいろありますが基本的にさほど高額ではない商品が多いです。しかしプレミアなどがつくと驚くほど高額で取引されることもあり、買取ショップなどでも話題になっています。

素材について知っておこう

逆に、フィギュアの場合は、プラスチック等のとても固い素材でできている場合が多いですが、製作する際も、最近では3dプリンターで大量に生産されることも多くなってきています。一言でフィギュアと表現しても、多くの種類がありますから簡単ではないですが、硬質な素材とソフトビニールを組み合わせた商品もあります。

がしかしソフビの場合は固い素材は使用しない場合がほとんどです。重さもフィギュアのほうが重い場合が多いですが、ソフトビニールの製品よりも関節は多くの場所が動く商品も多いです。

中には十数か所動く商品や、手の関節がすべて動くものもあり注目されていますが、フィギュアはソフビよりも大型の商品も多く販売されています。関節の構造自体も大きな違いがありますが、関節の部分に使用する材料も違いがある場合がほとんどです。経年変化における耐久性はさほど違いがあるとは言えないかもしれません。

数が少なく人気が高いと高額になることもある

また、フィギュアとソフとビニール製の造形物の買取りの際の鑑定額に差があるかというと、どちらとも断言できないです。要するに商品自体の現在の人気度や話題性、希少性などを見て鑑定しますから、ソフトビニール製だからと言う理由のみで価格が変わるということではありません。

また、はるか昔に作成され、現在は販売されていないような珍しい商品専門のコレクターもいて熱心なファンの数は年々増加してきています。商品をよく調べてから買取をおこなうと、より素晴らしい取引が可能になることも多いです。

買取りの際は付属品や箱などもきっちりと揃えて、なるべく清潔で新鮮な状態にしてから提出すると好印象が得られますし、状態管理などのひと手間がとても大切になってきます。少しのことで買い取り価格が大幅にアップする事例も多く、販売に挑戦する際は注意しておくと便利です。

保存する際は直射日光を避け、日陰で丁寧に保存しておくと後々の販売の際にとても助かりますし、人に譲る際も大変喜ばれる状態で保存することも可能です。保存状態は意外と大切ですが、子供が遊ぶ商品等の場合は、買い取り価格などは一切気にせずどんどん遊んでしまっても良いかもしれません。

要するに、ときと場合に沿った保存方法を選択することが大切になってきます。査定額などを気にするあまりカスタマイズや取り扱いに気を使いすぎて楽しめないと本末店頭になってしまうため、あまり神経質になる必要はないかもしれません。

 

近年の造形製作技術はとても進歩していますが、多種多様なソフビなどが販売され人気を博しています。造形物を作る際に使用された材料によって呼び名が変わりますが、関節が動く商品や色彩豊かな商品は人気が特に高くなってきています。

買取査定をしてもらう際は、材料よりも商品自体がよく観察されますが、希少価値の高い商品の場合は、少々劣化していても高額で買い取ってもらえることがあります。素材による買い取り額の差というよりも、商品の状態や希少価値など総合して値段がつけられることがほとんどです。




サイト内検索
フィギュア買取関連コラム