フィギュアの素材の種類による違いとは

公開日:2018/06/15  最終更新日:2018/05/22

フィギュアの素材の種類による違いとは

近年では、空前のフィギュアブームが巻き起こっており子どもからお年寄りまで性別問わず多くの人々が親しんでいます。
特にリアリティのあるものは本当に魅力的ですよね。
そんなフィギュアはたくさんの種類のものがありますが、素材などが違うことによって細分化されています。
では、その代表的なものを紹介していきましょう。

 

フィギュアの種類は何があるの?

フィギュアは素材をはじめ形状、販売形態などで主に7つに分類することができ、それらは以下の通りとなっています。

・メタルフィギュア
ホワイトメタルやピューターなどの加工しやすい金属の素材を使って作られたフィギュアのこと。
メタリックな質感や造形を表現出来ることに加え、高級感を演出できることからミリタリーモデルや格式のあるミニチュアゲームの駒などに使用されることが多いです。
また日本でも人気となっていますが、ヨーロッパでもかなり人気で古い歴史と豊富な種類があります。
しかし、金属の素材ということで表面の硬度が硬いため傷がつきやすいという難点があるので購入する際には注意が必要です。

・ソフトビニールフィギュア
ポリ塩化ビニールを型抜きしてパーツを組み立てて完成させたフィギュアのこと。
通称ソフビと言われています。
これは児童向けの玩具の素材として古くから存在しており1960年代から1990年代にかけて日本のフィギュア業界を支えた花形素材です。
また中が空洞となっているため非常に柔らかく、手や足などを動かすことができます。
さらに水にも強いため、水遊びにも使えるなど児童の玩具に適しています。
現在では、主にゴジラなどの特撮怪獣や戦隊シリーズの特撮モノなどに使用されています。

・プライズフィギュア
これはゲームセンターのUFOキャッチャーなどに入っている景品としてのフィギュアのことで、1990年代後半から急速に普及し始めた新しいジャンルのものです。
そして素材についてはポリ塩化ビニールを使用していることが多いです。
また基本的に、ゲームセンターで流通しているフィギュアということもあって一般に市販されているものよりも安価で製造されています。
そのため、フィギュアとしてのクオリティはかなり低めです。
しかし、近年では造形や塗装などの品質が少しずつですが向上してきており、市販品と遜色ないクオリティを誇るものもあります。

・ガチャポンフィギュア
こちらは、オモチャ屋や駄菓子屋の前に設置されているガチャポンなどにお金を入れて回すとでてくる自動販売機方式で売られているフィギュアのこと。
基本的には1つのカプセルに1つずつ入っています。
素材は硬質の合成樹脂を用いているものが主流で、衝撃に比較的強く形状が安定していることが特徴です。
また、近年ではコンビニやアミューズメント施設などで売られることもある他、自動販売機方式だけでなく店頭で売られることもでてきました。

・アクションフィギュア
アクションフィギュアとは、手や足の各部の関節が自由に動かせるタイプのもの。
他の種類のフィギュアと比べて関節の可動範囲を重視したものが多く、素材は軟質の合成樹脂で成型されているものがほとんどです。
また、色々なキメポーズを取ることができるため自由度が高いフィギュアとなっていることが特徴。
そのため好奇心旺盛なお子様や小学生を中心に人気があるジャンルのフィギュアです。

・食玩フィギュア
これはお菓子や飲料のおまけとしてついてくるフィギュアのこと。
素材は、硬化プラスチックを使用しているものが比較的多めですが、軟質の合成樹脂を使用して作られているものもあります。
また食玩フィギュアはショーケースなどで売られている一般のフィギュアと違い、商品の中身が分からないブラインド式で販売されていることが最大の特徴。
そのため、目当てのフィギュアを当てるために箱買いや大人買いなどをする人も少なくありません。
食玩フィギュアは商品によってはレアアイテムもあるので、インターネットオークションや買取り業者などでかなり高額で取引されているものもあります。

・ガレージキット
ガレージキットとは、主に合成樹脂を使用して製造される未塗装組み立て式のフィギュアのこと。

通称「ガレキ」とも呼ばれることもあります。
基本的に、フィギュアは完成品として販売されているものが多いですが、このガレージキットは組み立て式となっておりますので自分でフィギュアを完成させる必要があります。
なので、ある程度フィギュアに精通していなければいけません。
またプライズフィギュアのような大量生産はほぼしておらず、少量生産が多いです。
そのため価格は市販品より高めに設定されています。

 

フィギュアには色々な種類がある!

このように、一口にフィギュアと言っても非常に種類は多岐に亘ることが分かります。
きちんとフィギュアの種類を知っておけば、何かと役立つこと間違いなしです。
ぜひ、頭に入れておきましょう。

サイト内検索
フィギュア買取関連コラム