フィギュア買取で評判の業者をランキング形式で紹介!

付属品を紛失したフィギュアも買取対象になる?

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/11/26


ゲームやアニメのキャラクターを模したフィギュアは、日本はもちろんのことアメリカやフランスといった世界各国でも数多くのコレクターが存在します。サブカルチャーを代表するアイテムとも称されており、全国各地に専門買取店もたくさんあるほどです。フィギュアには付属品も備わっているのが特徴です。

そもそもフィギュアはどうして人気があるアイテムなの?

フィギュアの発祥地はアメリカ合衆国で、もともとは映画作品の販促グッズとして用いられていました。

世界で初めて誕生したフィギュアが1959年公開映画の「スーパーマン」で、作中に登場するスーパーマンのコスチュームを身に付けた全長12cmの人形に、子どもから大人までが夢中になったほどです。

その後1964年公開映画の「バットマン」も商品化がされ、こちらはアメリカだけでなく日本でも販売されて大きな話題となりました。このモデルが現在販売されているものの原形となっており、腕や足を駆動させられるアクションモデルとなっていました。

日本では1980年代以降からアニメキャラクターを模した人形が数多く市場に出回るようになり、塩化ビニール素材から合金・ABS樹脂など使用される材料も多種多様になっていきます。フィギュアが世界各国で人気がある理由として挙げられるのは、各作品のキャラクターを手に取って見ることができ、部屋に飾れるという点でしょう。

調度品としての価値があり、約1,000~3,000円程度という安価な価格で手に入るのも人気の理由の一つです。日本ではアニメキャラクターの造形を忠実に再現しているものが多く、さらには造形師の個性を際立たせたオリジナル作品も存在します。

アニメの原作ファンはもちろんのこと、造形美に魅入られた方も多いことから人気を得ているアイテムになりました。

付属品とはどのようなもの?ないと買い取ってもらえないの?

昨今販売されているフィギュアは、アニメやゲームの世界で活躍するキャラクターを忠実に再現している商品が多い点が特徴です。一昔前のまだ人形と呼ばれていた頃であれば、キャラクター本体のみで商品が構成されているものがほとんどでしたが、今は本体だけでなく武器や装備品・手のパーツなども含めて1つの完成商品になされているのが一般的です。

また、書棚等に飾るためのスタンドも備わっている場合もあり、これらを総じて付属品と呼びます。買取専門店で買い取り査定を依頼する場合、この付属品の有無に関係なく品物を買い取ってもらうことは可能です。

買い取りで重視されるのはあくまでも本体そのものなので、たとえパーツが揃っておらず完成品とは呼べないというものでも査定をして適切な価格を提示されます。それでは付属品がある場合とない場合の違いとは何なのかというと、買い取り査定額が若干異なります。

先述したように付属品を含めた形が昨今のフィギュアの販売形態なので、揃えて買い取りを依頼すれば査定時の満額の金額で買い取ってもらうことが可能です。もしも武器や身体のパーツが欠けていると欠品ありとなり、買い取り金額が低くなります。

しかし、非常に希少価値のあるフィギュアであればその限りではなく、たとえパーツがなかったとしても販売定価以上に高額な金額で買い取りをなされることもあるでしょう。

付属品がない場合でも高く買い取ってもらう方法

付属品がなくても、買取専門店で買い取ってもらうことは可能です。ない場合は買い取り相場の金額から安い金額となってしまいますが、ある方法を用いればその安くなった分の金額を埋めることが可能です。

インターネットで「フィギュア・買取・付属品」というキーワードで検索すると、実際に買取専門店で付属品無しの品物でも高い価格で買い取ってもらえた方々の口コミや体験談を目にできます。

ここでその一例を見ると「外箱も一緒に査定に出した」「綺麗に手入れをして手放したら買い取り金額が高くなった」という記述を確認できるでしょう。フィギュアはもちろんのこと、ゲーム機等でも買い取りを専門店に依頼する時、商品が入っていた外箱があると買い取り金額が大幅に高くなる傾向があります。

フィギュアの場合はなおさらで、パッケージに各キャラクターのイラストが描かれていることから、外箱そのものも商品として高い価値を秘めています。買い取り専門店の中には外箱があって状態も良ければ20%以上も査定金額をアップしているほどです。

また、キャラクターフィギュア本体の状態がよく、綺麗な状態に保たれているだけでも買い取り金額は高くなります。買い取り査定に出す時は全体のホコリを拭って見た目をよくすると、欠けている付属品分の金額を補う価格で専門店に引き取ってもらえるでしょう。

 

あくまでもキャラクター本体の買い取りに力点を置いているのが買取専門店なので、付属品がなくても買い取ってもらうことが可能です。付属品がない場合は若干買い取り価格が低くなりますが、その低くなった金額を補う方法も存在するので賢く手放しましょう。

サイト内検索
フィギュア買取関連コラム